チェンソーマン

漫画
漫画

今回は「チェンソーマン」のストーリーを解説しています。ネタバレを含みますのでご注意ください。

読める時間15分
過去作との繋がり0.0
ストーリー難易度5.0
どっきり度5.0
記事で見る

ざっくり時系列で解説

チェンソーマン
  • 1巻
    悪魔が日常に蔓延る世界で、デンジとチェンソーの悪魔ポチタはデビルハンターになる。

  • 悪魔の罠にはまりデンジが死亡。ポチタと融合し、チェンソーマンになれる力を会得。
  • 公安退魔特異課のマキマに連行、悪魔としてデビルハンターとして働くことになる。

  • 2~4巻
    公安に所属する人間・悪魔・魔人と任務をこなす日々を送る。
  • 5巻
    マキマが圧倒的な力を垣間見せる。
  • 6~8巻
    チェンソーマンの心臓を狙う刺客たちを、仲間の力も借り、撃破していく。
  • 9巻
    マキマが支配の悪魔と判明。概念そのものを破壊できるというチェンソーマンの力で、世界を変えようとする。
  • 10~11巻
    マキマがデンジと融合したポチタを解離させることに成功。支配下に置くため、チェンソーマンとの戦闘になる
  • 11巻
    チェンソーマンが勝利し、不死身のマキマを体内に取り込む。

  • デンジは高校生となり、マキマの生まれ変わり「ナユタ」と共に生活を送る。

チェンソーマンの覚醒

この世界では、「悪魔」と呼ばれる存在が日常に蔓延り、人々に害をなしていました。

トマトの悪魔

悪魔は、人が、物や言葉などに、恐怖を抱くことで誕生し、そのイメージが畏怖されるほど、力が強くなり、また血を喰らうことで傷を癒すという特性を持っていました。

『悪魔』の特徴
  • モノ・言葉・概念の恐怖のイメージから誕生
  • 恐怖のイメージが高まるほど、その悪魔は力を持つ
  • 血を喰らうことで傷を癒やす
  • 死んでも、記憶を無くし、地獄で転生する

この物語の主人公「デンジ」は、チェンソーの悪魔「ポチタ」と出会い、父の借金返済のため、悪魔を狩る「デビルハンター」となります。

能力

チェンソーの悪魔と融合
胸についた紐(スターター)を引っ張るとチェンソーマンに変身し、頭部・両腕にチェンソーが出現する。

能力

お尻の紐(スターター)を引っ張ると頭部のチェンソーが稼働する。

デンジは、自分の死後、ポチタが「普通の生活」を過ごせるように、ポチタが死体を乗っ取れるという契約を結びます。

「普通の暮らし」の契約

ある時、デンジは、悪魔の罠にはまり、殺されてしまいますが、契約によりポチタと融合します。

しかしポチタの願いもあり、デンジが復活。胸に出来た紐を引き金に、「チェンソーマン」になれる力を手に入れます。

胸のスターターを引っ張る

公安で仲間と出会う

その後、悪魔の駆除を専門とする警察組織、公安対魔特異課の「マキマ」に連行され、悪魔でありながら、デビルハンターとして働くことになります。

公安対魔特異課とは?
公安警察における、対悪魔を目的とした部署の一つ。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

公安に所属するものは以下が通り。

公安対魔特異課
  • 悪魔と契約し、代償を払い、その力を借りて戦う「人間」
  • 人間に友好的な「悪魔」
  • 人間の死体を乗っ取った悪魔である「魔人」

デンジは「銃の悪魔」に家族を殺された先輩「早川アキ」、血の魔人「パワー」と出会い、悪魔を殺しながら、信頼関係を深めていきます。

契約悪魔

呪いの悪魔
契約者が持つ「釘」を対象に複数回突き刺す事で呪殺する能力

狐の悪魔
「コン」と発声することで召喚され、強力な一撃を加えて去っていく。

未来の悪魔(後に契約)
契約者には少し先の未来を見られる力を与える。

能力

血を操る能力を持ち、自身の血を凝固させて武器とする。

ある時デンジは、好意を寄せる、マキマから数秒間に何万人も殺す、最強の悪魔「銃の悪魔」について聞かされ、倒せばなんでも望みを叶えてあげると言われます。

銃の悪魔とは?
作中で大きな影響力を持つ悪魔。作中の時代から13年前、紛争などにより世界的に銃への恐怖が高まっていた中、アメリカで銃を用いた大規模なテロが起こった日に出現。世界各地に上陸し、およそ7分間で約110万人を殺害した。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

デンジの心臓を狙う刺客たちが来襲

そんな中、デンジの心臓を狙う「沢渡アカネ」と、「刀の悪魔」を心臓に移植し、デンジと同様の力を得た「サムライソード」により、各地の公安が襲撃を受けます。

襲撃を受ける公安
契約悪魔

ヘビの悪魔
尻尾や噛みつきで攻撃をする。敵を丸飲みにすることもでき、その悪魔を吐き出して操ることもできる。

能力

刀の悪魔を移植
手首を鞘を引き抜く事で変身し、頭部・両腕でな日本刀が出現する。

2人の圧倒的な強さを前に、早川のバディである「姫野」は、契約している「幽霊の悪魔」に己の身を全て捧げ、消滅します。

消滅する姫野
契約悪魔

幽霊の悪魔
腕で遠距離の敵に攻撃を仕掛けたり、敵を掴んで動きを止めたりすることが出来る。

契約悪魔

不明。公安のデビルハンターで、運が良いのか悪いのかわからない。

姫野を亡くした早川は戦意を喪失、デンジもチェンソーマンに変身して戦いますが、手も足も出ませんでした。

しかし、襲撃で死んだと思われていた、マキマに助けられ、公安は大打撃を受けながらも、デンジ達は生還を果たします。

生還後、アキは未来を先読みする能力を持つ「未来の悪魔」と契約、一方デンジとパワーは、最強のデビルハンター「岸辺」のもとで特訓を重ねます。

能力

未来を予知する能力を持つ。契約者には少し先の未来を見られる力を与える。

能力

・針、ナイフ、爪の悪魔の三体と契約していることが示唆されているが、詳細は不明。

・身体能力が秀でている

そして、マキマの指揮のもと、公安に所属する悪魔や魔人の力も借り、早川は姫野のカタキである沢渡を撃破し、デンジもサムライソードを捕らえることに成功します。

闇のゲーム開始
能力

直接触れる事で寿命を吸い取る事ができ、ほんの数秒触れただけでも数ヶ月寿命を吸い取る事ができる。

能力

蜘蛛のように多くの足を持ち、足で相手を攻撃。また、自身の体から人間を召喚する能力をもつ。

能力

壁の中や地面など、水中を泳ぐかのように潜航する事ができる能力を持つ。

能力

普段はマスクで力を抑えられているが、素の戦闘力は魔人としては相当に高い。

この事件の終息後、デンジは「レゼ」と名乗る少女と出会い、恋が芽生えます。

しかしレゼは、チェンソーマンの心臓を狙うソ連のスパイであり、人体実験により爆弾の悪魔と融合した、デンジと同じ特異体質をもっていました。

能力

爆弾の悪魔と融合
首のチョーカーを手榴弾のピンのように引き抜くことでボムこと爆弾の悪魔に変身し、全身爆弾人間になる。

デンジは、アキや公安の魔人の力を借り、レゼを撃破、その後、和解しますが、レゼはマキマによって消されてしまいます。

その後、チェンソーマンの存在が広まったことにより、世界各国のデビルハンターや刺客たちが動き始めます。

中国
能力

弓矢の悪魔と融合
右眼から矢を引き抜く事で変身し、両腕に弓が出現する。

能力

不明

能力

不明(龍が中国語読みのため「龍の魔人」説がある)

能力

宇宙の魔人
図書館のような精神世界へ連れ込むことで、脳へ森羅万象の知識を流し込み、無力化する(死ぬまでハロウィンのことしか考えられなくなる)

能力

不明

ドイツ
能力

不明

アメリカ
契約悪魔

皮の悪魔
触れた死体の外見を奪う能力を契約者に与え、契約者は顔を撫でる事でその人間に変身する事ができる。

ロシア
契約悪魔

呪いの悪魔
契約者が持つ「釘」を対象に複数回突き刺す事で呪殺する能力

人形の悪魔
触れた人間を人形に変え操る能力を持ち、人形が触れても人形化するため、際限なく人形が増えていく。

地獄の悪魔
地獄と現世を行き来させる能力を持ち、生きている悪魔や人間でも落とす事ができる。

呪いの悪魔
根源的恐怖の名を持つ悪魔のうちの1体、圧倒的な強さを誇り、契約者には力を与える。

能力

不明

刺客の一人「サンタクロース」は、以下の計画を実行します。

サンタクロースの計画
  • 「呪いの悪魔」でデンジを殺害
  • 「人形の悪魔」を使って生贄を準備
  • 「地獄の悪魔」の人形にした生け贄を召喚の代償とし、地獄へ向かう

    公安も道連れに地獄へ連れ込みます。

  • 「闇の悪魔」に、チェンソーマンの魂を代償として、マキマを倒す力を与えてもらう

しかしそれを察知したマキマが地獄に到着。デンジ達を地上に帰し、自身の血でデンジの治療を開始します。

復活したデンジは、中国の刺客「クァンシ」と共闘し、闇の悪魔の力を得たサンタクロースを撃破。その後クァンシとその仲間もマキマに殺されます。

ガソリンをかけて光の力?を得る

マキマの正体

刺客の襲来後、パワーは、先の事件での失敗を詫びるため、自らの血をデンジに飲ませます。

その後3人は、マキマから、銃の悪魔とは、各国が保有している軍事力のようなものと明かされ、討伐と称して、他国から奪いに行くことを告げられます。

早川は、悪魔の力で、デンジやパワーが死ぬ未来をみたことにより辞退。これを受け、マキマがついに正体を現します。

マキマの正体は「支配の悪魔」であり、その力を使い、早川や、公安の悪魔を支配下に置き、計画を強行します。

本性現る

事態を重くみたアメリカ政府は秘匿していた「銃の悪魔」と契約を交わし、マキマこと「支配の悪魔」の殺害を依頼します。

銃の悪魔

マキマは、銃の悪魔に殺されますが、日本政府と、「自身の身代わりとして誰かが死ぬ」という契約を結んでいたことから、何度でも復活し、支配した悪魔の能力を使い、銃の悪魔を撃破します。

その強力な力を持つがゆえ、マキマは他者からの対等の愛を求め、概念そのものを破壊できるというチェンソーマンの力で、世界を変えようと目論んでいました。

マキマの能力
  • 特定の条件付きで対象を圧死させる(遠隔)
  • 銃で撃たれたり腹部を貫通されたりしても死なない
  • 睨むだけで相手を流血させる
  • 殺害対象の腹部に穴を開ける
  • 動物を操る
マキマの計画
  • 対等な愛を求め、チェンソーマンの力を使って世界を変えることを目論む

    恐怖の力でしか関係を築けなかった。

  • 日本政府、「自身の代わりに誰かが死ぬ」という契約を結ぶ。

    恐らく「支配」の能力を使用した。

  • 「動物を操る能力」で、デンジとポチタ(チェンソーマン)が契約・融合したことを知る。

  • デンジとポチタに結ばれた「普通の暮らし」を破棄させるため、幸せな環境を作り出した後、絶望させることを計画。
  • 早川アキや魔人パワーと、任務や生活を共にさせることで幸せな生活を作り出す。
  • 任務を与えることで、チェンソーマンへの恐怖の感情を薄れさせる。

    強すぎると支配下に置けないので、弱体化を図る。

  • デンジ(チェンソーマン)を脅かすものを徹底的に排除する。
  • 幸せな環境を整えた段階で、デンジに早川を殺させ、パワーを目の前で殺す。

  • 契約の破棄に成功し、助けを呼ぶことでチェンソーマンの覚醒に成功する。
  • 戦闘になるも、任務を行わせたことで、チェンソーマンへの恐怖の感情が薄れ、弱体化に成功。

チェンソーマンの力に魅入られたマキマは、デンジとポチタの間に結ばれた契約「普通の暮らし」を破棄させるため、デンジにアキを殺させ、パワーを目の前で殺します。

早川を殺すデンジ
パワーを目の前で殺される

元々、チェンソーマンは助けを呼べば現れ、呼んだものさえも殺してしまう地獄のヒーロー。

そしてマキマは助けを呼び、チェンソーマンを覚醒させて、「支配」をするため、チェンソーマンとの戦闘が始まります。

マキマとの最終決戦へ

チェンソーマンは圧倒的な力を見せますが、過去の活躍により、人々が持つチェンソーマンへの恐怖の感情が薄れたことで、弱体化してしまいます。

マキマに殺されかけますが、以前にパワーの血を喰らったことからデンジに眠るパワーに助けられ、逃げ延びることに成功します。

その後デンジは、自らの野望のため、マキマと再び戦うことを決意します。

そしてマキマの不意をつき、殺すことの出来ないマキマを、体内に取り込むことで、マキマの野望を阻止します。

その後デンジは高校生となり、マキマの生まれ変わり「ナユタ」を預り、マキマような人格に成長させないため共に生活を送っていきます。

高校生となったデンジ
支配の悪魔が転生「ナユタ」

次回、高校生編?が楽しみですね!コベニの登場に期待していますが、あっさり期待を裏切ってきそうです(笑)

タイトルとURLをコピーしました