ウィッチャーシリーズ

ゲーム
ゲーム

今回は「ウィッチャー(The Witcher)シリーズ」のストーリーを解説しています。ネタバレを含みますのでご注意ください。

読める時間15分
過去作との繋がり0.0
ストーリー難易度4.0
どっきり度2.0
動画で見る
【超わかる】ウィッチャーシリーズのストーリーを解説
記事で見る

小説「Last wish / Sword of Destiny」・ドラマ版ウィッチャー

政治背景など複雑に絡み合い、登場人物の意図などが原作と異なる場合があります

はるか昔、この世界では人間、エルフ、ドワーフなどが暮らしていましたが、ある時天体の合」という事象が発生し、獣や悪魔が蔓延るようになりました。

それらに対抗するため、人間を薬漬けにし、超人的な能力を持つ「ウィッチャー」とよばれるものたちが誕生します。

ウィッチャーとは
  • 怪物退治の専門家
  • 薬により超人的な力を得た (草の試練)
  • いくつか流派がある
  • 政治には干渉しない
ウィッチャーの世界の地図

ウィッチャーの中でも特に優れた力をもつゲラルトは、吟遊詩人「ダンディリオン(ドラマ版はヤスキエル)とともに悪魔退治など様々な依頼をこなしていました。

ゲラルト

そんな中、呪いにかけられ、南の大国ニルフガードの王位をはく奪された男「ダニーと、シントラ国の姫「パヴェッタの、駆け落ちを助けたゲラルトは、「驚きの法」という契約を行います。

驚きの法とは、『助けた代わりに、今後なにかを得たらそれで返す』という古から伝わる強力な習わしです。

その後、ダニーと姫の間に「シリが生まれたことにより、「驚きの法」が発動し、シリとゲラルトは特別な関係となります。

さらに母(パヴェッタ姫)は古代エルフの末裔で、シリもその力を受け継ぎ、異なる世界に移動できるなど、世界を滅ぼせるほどの強大な力「源流を持っていました。

父親ダニーは、魔法使い「ヴィルジフォルツ」にそそのかされ、ニルフガードの王位を取り戻すことを画策、計画は成功し、ニルフガード皇帝「エムヒルが誕生します。

一方、ダニーと別れたゲラルトは、エルフの血を宿す魔法使い「イェネファー」と出会い、願いを叶える精霊「ジン」によって、親密な関係になります。

イェネファー

精霊ジンとは
願を叶える精霊。
ゲラルトがイェネファーと一緒にいたいと願った

それから10年後、皇帝「エムヒル」率いるニルフガードが、北方諸国に侵攻を開始します。

これによりシリのいるシントラ国が侵攻され、そのほとんどが命を落としますが、シリは逃げ延び、ゲラルトと運命の再会を果たします。

小説「ウィッチャーサーガシリーズ」

ゲラルトはシリを匿うため、ウィッチャーの拠点「ケィア・モルヘン」に行き、ゲラルトの師匠である「ヴェセミル」から剣術を、女魔法使い「トリス」から女性の所作を、「イエェネファー」から魔法を、シリに学ばせます。

その後シリは、自身の力を制御するため魔法学校に入学しますが、そこで行われていた魔法使いの集会で、シリが未来の予言を発したことにより、魔法使いたちが乱闘を始めます。

これによりシリとイェネファーは行方不明になり、2人を探していたゲラルトは皇帝エムヒルをそそのかした、ヴィルジフォルツに重傷を負わされます。

ヴィルゲフォルツ

一命を取り留め、シリの行方を追うゲラルトは、ニルフガードと敵対していたリヴィアの女王を救ったことで、騎士の称号をもらい「リヴィアのゲラルト」と名乗るようになります。

その後ゲラルトは、シリとイェネファーと合流を果たし、ついにヴィルジフォルツを撃破することに成功します。

新たな旅を始めた3人は、その途中暴動に巻き込まれ、ゲラルトとイェネファーが瀕死の状態になりますが、シリの力によって逃げ延びます

非人間族の暴動

その後、シリは自ら姿をくらませ、イェネファーは、シリの力を狙う異世界の住人「ワイルドハントに連れ去され、ゲラルトはそれを追いかけます。

ワイルドハントとは
異世界の住人。
自らの世界に迫る絶滅から逃げるためシリの力を狙う

ゲラルトはワイルドハントの王「エレディンと戦闘になりますが、手も足も出ないため、自身と引き換えに、イェネファーの解放を提案します。

エレディンはゲラルトを誘い水にして、シリを呼び出すことを企み、これを承諾します

ゲラルトの危機を察知したシリは、ワイルドハントを出し抜きゲラルトを解放することに成功しますが、代わりにワイルドハントの追跡を受けることになります。

逃亡を続けるシリは、エルフの「アヴァラックを頼り、異世界に身を隠すことにします。

ウィッチャー1


ワイルドハントに追われるゲラルトは、記憶を失い、ケィア・モルヘンの近くに飛ばされてしまいます。

トリスに助けられるゲラルト

トリスの助けもあり一命を取り留めたゲラルトでしたが、ケィア・モルヘンが犯罪集団「サラマンドラ」の襲撃にあい、ウィッチャーの秘宝が奪われてしまいます

サラマンドラの首魁の一人

サラマンドラの追跡を始めたゲラルトは、親密な関係となったトリスや医学生の「シャニ」の協力のもと調査を続けます

人間の抑圧を嫌う非人間の団体「スコイア=テル」とそれらを追う「炎の薔薇の騎士団」の衝突に巻き込まれていきますが、ゲラルトはついにサラマンドラの首魁を倒すことに成功します。

スコイア=テル

人間の抑圧に抵抗する非人間の団体

北方諸国を恨んでいて、ニルフガードについている

炎の薔薇の騎士団

人間を非人間から守る騎士団

非人間を悪とする宗教組織から構成されている

しかし、サラマンドラを裏から操っていた黒幕は、炎の薔薇の騎士団の団長と判明し、ゲラルトと団長との死闘が始まります。

炎の薔薇の騎士団の団長との戦い

死闘を制し、ウィッチャーの秘宝を取り戻したゲラルトでしたが、北方諸国では国王たちが暗殺される事件が多発するようになります。

ウィッチャー2


国王暗殺事件を受け、ゲラルトはとある王の警護任務についていましたが、守り切れず、さらには王殺しの容疑をかけられ捕まってしまいます。

暗殺されるテメリア王

尋問の受ける中、ゲラルトは過去の記憶の一部を取り戻し、これに端を発し、少しずつ記憶を取り戻していきます。

協力者の助けもあり、ゲラルトは脱獄し、汚名返上のため王殺しの真犯人の追跡を開始します。

ゲラルトは旧友であるダンディリオンやドワーフの「ゾルダン、トリスの協力もあり、王殺しの調査を進めます。

ダンディリオンとゾルダンについて
ウィッチャーのゲラルトとこの二人は腐れ縁でなにかと事件にかかわっている。

ダンディリオン

ゾルダン

その後、他流派のウィッチャー「レソ」が犯人だと判明し、さらに女の魔法使いだけで構成される「女魔術師会」が加担していると明かになります。

レソ

レソの手がかりをつんだゲラルトは、レソとの激闘を制し、記憶を完全に取り戻します。

さらにレソから、全てを裏で操っていたのはニルフガードの皇帝「エムヒル」だと明かされ、イェネファーがニルフガードにいるとも聞かされます。

レソがエムヒルに協力していた理由
イェネファーを人質にとられていて、仕方なくエムヒルに従っていた。

北方諸国の王達が凶刃に倒れ、各国があわてふためくなか、ニルフガードは北方諸国に対して宣戦布告を発します。

ウィッチャー3


半年間異世界で過ごしたシリは、ワイルドハントの追っ手を振り切ったと確信し、異世界から帰還しますが、またもやワイルドハントに襲われてしまいます。

追われるシリ

同行していたアヴァラックは、シリを転移させ逃がすことに成功しますが、アヴァラックはワイルドハントの仕掛けた呪いにかかってしまいます

飛ばされたシリは、そこに住まう邪悪な魔女「森の貴婦人」に捕まりますが、逃げ出し、領主を名乗る男に保護されます。

保護を受けるシリ

その後シリはアヴァラックの呪いを解く手がかりを求めて奔走しますが、そのすべが見つからないまま、離れ離れになっていたアヴァラックと合流します

アヴァラックはシリを魔法で仮死状態にし、ワイルドハントの手が届かない「霧の島」へ送り、自らは呪いにより醜い化け物になってしまいます。

シリを昏睡させる魔法をかける
呪いにかかったアヴァラック

霧の島とは
まだワイルドハントに見つかっていない島。
アヴァラック曰く「どこでもあり、どこでもない島」

一方、イェネファーの痕跡を追っていたゲラルトは、イェネファーと再会を果たし、ニルフガード皇帝「エムヒル」が呼んでいると聞かされます。

エムヒルから呼び出されたゲラルトは、皇帝の実の娘でもあるシリの捜索を命じられます。

エムヒルにシリの捜索を命じられる

シリの捜索を了承したゲラルトは、仲間の助けもあり、シリは何かの呪いを解こうとして、いなくなったことが分かります。

これを受け、調査の途中で見つけていた醜い化け物に着目し、呪いを解除しようと試みます。

イェネファーの協力もあり、呪いは解除され、化け物はアヴァラックの姿に変貌をとげます。

呪いを解かれたアヴァラック

戻ったアヴァラックからシリを霧の島に隠したことを明かされますが、救出と同時にワイルドハントが現れることを危惧し、それを迎え撃つために、ゲラルトは仲間集めを開始します。

そんな中、精霊の力により恋人になっていたイェネファーの魔法を解いたゲラルトでしたが、再びイェネファーに愛を伝え、さらにトリスにも愛を伝えてしまいます。

仲間を集めたゲラルトはシリのいる霧の島へ向かい、仮死状態になっていたシリを起こし、シリとの再会を果たします。

感動の再会

シリを連れて戻ったゲラルトでしたが、ワイルドハントが迎撃拠点であるケィア・モルヘンに襲来し、ウィッチャーや集めた仲間が次々にやられていきます。

その戦闘の中でヴェセミルが命を落としたことにより、シリの力が暴走し、ワイルドハントを退けることに成功します。

襲撃に来たがシリの力になすすべがないエレディン

その後、ヴェセミルの敵討ちでワイルドハントの将軍を撃破し、復讐を遂げたゲラルトとシリは、その王であるエレディンを討伐すべく、女魔術師会の協力を仰ぎます。

そんな中、ゲラルトはイェネファーとトリスとの二股がばれ、下着一枚でベッドの上に放置されてしまいます。

二股がばれて、パンツ一枚で放置プレイ

そして、遂にシリとゲラルトは、仲間の助けもあり、ワイルドハントの王「エレディン」を撃破することに成功します。

遂にエレディンを撃破

その後シリは、人類にいずれ訪れるとされる終末「白き霜」を、自身の力でとめて、実の父「エムヒル」に死んだと偽り、ウィッチャーとして生きる道を選びます。

自らを犠牲に「絶滅」をとめるシリ

白き霜とは
いずれ必ず来るとされる世界の破滅。これを止められるのはシリのみで、ワイルドハントもこれを恐れてシリを狙った。

世界では、レダニア国王の手腕により、ニルフガードが撃退されますが、レダニア国王の魔法使いを悪とする考え方から、魔法扱う職業や種族への弾圧が強まります。

ゲラルトはシリに全ての知識と技を教え、シリと別々の道を歩むことにし、旅を続けます

シリに剣を渡すゲラルト
ダンディリオン
ダンディリオン

最後のあたりは、途中にどういう選択肢を選んだかで物語の結末が変わるんだ。ちなみシリが女帝になる結末や、シリが帰ってこずにゲラルトが廃人になる結末があるよ

タイトルとURLをコピーしました