龍が如く0

ゲーム
ゲーム

今回は「龍が如く0」のストーリーを解説しています。ネタバレを含みますのでご注意ください。

読める時間5分
過去作との繋がり5.0
ストーリー難易度3.0
どっきり度3.0
記事で見る

カラの一坪をめぐる陰謀

桐生編

その頃、中学を卒業した「桐生一馬きりゅう かずま」は、同じ養護施設「ヒマワリ」で育った親友「錦山彰にしきやま あきら」と、親同然である若頭「風間かざま」への恩返しのため、「東城会堂島組」に入りますが、特に夢はなく、無為な日々を過ごしていました。

桐生一馬
錦山彰

そんな中、桐生は、風間の失墜を目論む「久瀬くぜ」、「渋澤しぶさわ」、「阿波野あわの」による、次世代開発計画の要地「カラの一坪」を狙った内部抗争に巻き込まれていきます。

久瀬
渋澤
阿波野

カラの一坪で、桐生が取り立てた債務者の死体が発見され、殺しの疑いをかけられた桐生は身の潔白を証明するため、堂島組長の前で東城会から足を洗います

堂島組長

服役中の風間から依頼を受けた立華不動産「立華鉄たちばな てつ」の協力を得て、桐生は社員の「尾田おだ」とともに真犯人の調査に乗り出します。

立華鉄
尾田

幾度も襲い来る久瀬を退ける中、桐生の身を案じた錦山から、“楽に死んだほういい”と殺されかけますが、桐生は兄弟の縁を切り、錦山を巻き込ませないことを固く誓います

真島編

東城会嶋野組」の「真島吾郎まじま ごろう」は、弟分の「冴島大河さえじま たいが」による「上野誠和会」への襲撃に加勢する予定でしたが、計画遂行のため「東城会柴田組」に監禁され、左目を刺されてしまいます。

冴島大河(回想)
真島吾郎(回想)

真島は、刑務所に入った冴島の帰る場所を作るべく、もう一度極道に返り咲くために、大阪蒼天堀でキャバレー「グランド」の経営をはじめます。

真島吾郎

ある日、真島は監視役である近江連合の「佐川さがわ」から、極道復帰の条件として「マキムラマコト」の殺害を命令されます。

佐川
マキムラマコト

マキムラは、過去のトラウマにより失明した女性で、極道たちが血眼で追っている「カラの一坪の所有者」でした。

腹を括った真島はマキムラの勤務先に乗り込みますが、マキムラを保護する店長の「」から過去を知り、他の極道からマキムラを守ることを決意します

マキムラの偽装死体が発見され、実行犯である近江連合の「西谷にしたにとの戦いを制した真島でしたが、マキムラの生存に気づいた佐川によって殺されかけます。

西谷

しかし、突如現れた謎の男によって佐川が撃たれ、マキムラは連れ去られてしまいます

謎の男(世良)

悲劇の兄妹

桐生編

神室町に戻った桐生は堂島組の面々に取り囲まれますが、立華の助けでその場を離脱し、東城会本部の会長代行「二井原にいはら」に実力を認められたことにより堂島組の進撃を一時的に封じます。

二井原会長代行

東城会日侠連「世良せら」の助けもあり、マキムラは桐生に引き渡され、実の兄だと明かした立華の元へ連れて行く途中、渋澤の放った刺客に立華が連れ去られてしまいます。

助けに向かう桐生でしたが、立華は殺されてしまい、次は協力者である世良が狙われていることが判明し、桐生は渋澤との決着をつけるべく、兄弟の縁を戻した錦山とともに最終決戦に臨みます

真島編

一方、真島はマキムラを連れ去った男が東城会日侠連の世良であることを西谷から聞き出しますが、西谷は渋澤の放った刺客により、真島を庇って命を落とします。

世良がマキムラを預けたとされる立華不動産と桐生一馬の情報を得た真島は、かつて所属していた嶋野組組長の「嶋野しまの」から、真島とマキムラが懇意の仲になると踏んでカラの一坪を手に入れることが目的だったと明かされます。

嶋野組長

マキムラと再会した真島でしたが、兄の復讐に燃えるマキムラは堂島組に乗り込み、カラの一坪を渡す条件を突きつけるも、真島の目の前で撃たれてしまいます

世良と共に病院に向かい、マキムラの無事を祈る真島は、堂島を刺し違えてでも倒すため、堂島組に単身乗り込みます

伝説の極道誕生

桐生編

カラの一坪を手に入れた功績により次期若頭となった渋澤は、世良を潰すために抗争をけしかけ、現場に乗り込んだ桐生と錦山は組員を薙ぎ倒し、渋澤の元に辿り着きます。

桐生は互いに龍を背負う者同士、「堂島の龍どうじまのりゅう」の異名を賭けて、渋澤との最後の戦いに臨み、勝負を制します。

事件から数日後、極道としてやり直すことを決意した桐生は堂島組に復帰し、思いを新たにスーツを新調します。

真島編

堂島組事務所へ乗り込んだ真島は「嶋野の狂犬しまののきょうけん」の名に違わぬ強さで組員を蹴散らし、阿波野との真剣勝負を制し、マキムラを撃った刺客「老鬼ラオグウェイ」に勝利します。

倒れる老鬼

最後まで抵抗する堂島でしたが、マキムラが意識を取り戻したこと、カラの一坪の所有者が日侠連に移ったことを世良が宣言し、戦いは幕を閉じます。

極道に復帰した真島は、視力が回復したマキムラと偶然再会しますが、彼女の幸せを願って、声も出さずにその場を立ち去ります

交わることのなかった桐生と真島は神室町で邂逅を果たし、二人は伝説の極道として名を馳せていきます。

嶋野の狂犬「真島」
堂島の龍「桐生」

タイトルとURLをコピーしました