龍が如く5

ゲーム
ゲーム

今回は「龍が如く5」のストーリーを解説しています。ネタバレを含みますのでご注意ください。

読める時間5分
過去作との繋がり5.0
ストーリー難易度3.0
どっきり度3.0
記事で見る

桐生一馬編

東城会会長「堂島大吾」は近江連合7代目の危篤の報せにより全国に抗争がもたらされることを危惧し、各地の極道組織と関係強化のための交渉を行っていました。

各地を巡る大吾

アイドルへの道を歩み始めた「遥」を想い、福岡でタクシードライバーを始めていた「桐生一馬」は、各地を巡る大吾と接触しますが、その直後大吾は姿を消してしまいます。

タクシードライバーとして生きる桐生

桐生は東城会「森永」と「相沢」に大吾の行方を問いただされますが、無関係を証明し、その後会長の代行となっていた「青山」の裏切り行為が発覚します。

相沢と森永
大吾の代行となった青山

青山により東城会と福岡の極道「山笠組」が一触即発状態になりますが、桐生の活躍により解決を見せます。

多勢に無勢

その後桐生は、刑事を名乗る男「芹沢」からの助言で、ラジオを聞くと東城会「真島吾郎」の訃報が流れ、真実を究明するため東京へ向かいます。

刑事を名乗る芹沢
真島の訃報を聞く桐生

冴島大河編

襲撃事件の無罪が証明だれた冴島は東城会の幹部となりますが、過去の因縁を洗い流すため、再び刑務所に戻ることを決めます。

過去を洗う冴島

刑務所で服役している冴島も真島の訃報を聞き、同じ刑務所に収監されていた「馬場」と脱獄することを決意します。

元極道だという馬場

脱獄に成功した冴島は、真島の真相を知る「北方組」組長に接触をしますが、一緒に脱獄していた馬場に組長が狙撃を受け、真相が闇に葬られてしまいます。

真相を聞く直前に射撃される

馬場の行動の全ては冴島を誘導することが目的でしたが、冴島はそれを許し、馬場を逃がします。

馬場の裏切り

その後刑事「芹沢」に拘束、東城会の異変を調査することと引き換えに釈放を言い渡され、東京に向かいます。

どこにでも現れる芹沢

秋山駿編

芸能事務の社長「朴美麗」にスカウトされ、アイドルの道を歩む遥は、そのデビュー目前で朴が自殺したと知らされます。

芸能事務所社長 朴

朴に3億の融資をしていた金貸し「秋山駿」が合流し、朴の不審な自殺の真相を暴くため共に行動を開始します。

遥と秋山

遥がデビューを勝ち取る中、秋山は近江連合「逢坂興業」の指示で殺人に手を染めたダンストレーナー荻田が事件の犯人と特定しますが、荻田は近江連合に見捨てられ命を落とします。

ダンストレーナー荻田

逢坂興業「勝矢」は近江連合の跡目争いの勝つため、朴に託された死んだはずの真島の手紙を奪取しようと目論んでいました。

逢坂興業会長「勝矢」とその若頭「金井」

そして二人は更なる調査とドーム公演のため東京へ向かいます。

品田辰雄編

品田辰雄の過去の栄光

行方をくらませていた大吾は名古屋に姿を現し、旧友である元野球選手「品田辰雄」に自らが汚名を着せられた野球賭博事件の真相を探るよう依頼します

正体を隠し、依頼をするをする大吾

調査途中、「名古屋組」という極道を名乗る組織に襲われ始め、その黒幕が恩師である「富士田監督」であるということがわかりますが、富士田も何者かに殺害されてしまいます。

名古屋組を操る富士田監督

品田の潔白が証明され、大吾は正体を明かし、調査を打ち切るように言い渡しますが、品田は大吾を助けるため東京へ同行することを決めます。

実は旧知であった二人

そして東京ではかつての好敵手「澤田」から、野球を愛する富士田は、賭博事件で極道組織をはめて、極道を神聖なスポーツから追い出しかったということを聞きます。

選手時代のライバル澤田から真相を聞く

最終章

次期会長を狙う逢坂興業「勝矢」は、真の黒幕を誘き出すため、遥のコンサートの中止を餌に桐生、冴島、そして自身の兄弟分である「渡瀬勝」を呼び出します。

黒幕を誘き出すため大乱闘

桐生達はそれに応えるべく乱闘をはじめ、それにより真の黒幕で刑事の芹沢を名乗っていた「黒澤翼」が姿を現します。

弱った極道を始末するため現れた黒澤

そこに現れた大吾の助けもあり、黒澤を追い詰めますが、黒澤と繋がっていた逢坂興業「金井」が発砲をはじめ、あと一歩のところで黒澤を逃がしてしまいます。

大吾の助けもあり窮地を乗り越えるが
裏で黒澤と繋がっていた金井

そして、桐生、秋山、冴島、品田は黒澤を倒すため、協力関係になります。

4人の男達が動き出す

馬場の狙撃により遥が人質となっていたため、冴島と真島は対決を強要されますが、予定外の存在である品田の活躍もあり、馬場を止めることに成功します。

冴島大河との戦いを強要される真島
狙撃を辞めた馬場との決着をつける

そして秋山が金井を倒し、計画が破滅寸前の黒澤は、この事件の真相を語りはじめます。

7代目会長である黒澤は、病気で死期を悟り、息子の「相沢」に完全な形で引き継つがせるため、伝説の極道たちを集結させ、一掃しようと目論んでいました。

自身の目的を語る黒澤

しかし親の意に反して「本物の頂点」を目指す相沢は、この混乱に乗じて東城会本部を狙いますが、それを止めるために動いた桐生に敗れてしまいます。

「桐生には勝てない」と言われ奮起した相田
何度でも挑戦を受ける覚悟を見せる桐生

黒澤の野望を打ち破られる中、ドーム公演を成功させた遥は、桐生の想いとは裏腹に、桐生の家族であることを自ら明かして引退します。

極道との関わりを明かす遥
タイトルとURLをコピーしました